MENU

【自己紹介】地方公務員から民間へ!転職するのも楽しいですよ!

  • 公務員は安定しているけど、もっと挑戦してみたいな。
  • けど、公務員を退職するのは不安だな…

公務員になったあと、一度は考えるであろう「安定した職」から「未知なる世界への挑戦」。

この記事では、地方公務員を4年間勤務していた私が、なぜ民間企業に転職したのか、自己紹介も兼ねながら話していきます。

キクチレン プロフィール
  • 地方公務員として4年間勤務
  • 副業ブロガー歴2年目
  • 公務員を退職後、2年間海外でアルバイト
  • 帰国後は3年以上教育・福祉関係の仕事に従事
情報を分かりやすくまとめるのが得意です。

この記事では

  • 私自身の転職経歴
  • 公務員と民間企業、それぞれで得た学び
  • 転職を成功させるためのコツ

といったことについて、自分自身の経験をもとにして話していきます。

勇気をもって転職するのも、意外と楽しいですよ!

目次

私の経歴:地方公務員からのスタート

私の社会人生活は地方公務員からスタート。教育委員会に所属して

  • マラソン大会の運営
  • スポーツ大会の開催
  • スポーツ婚活の企画・実施
  • 体育館の管理・運営

といったことを行ってきました。

地域の人と交流する機会に恵まれ、それなりに実績も積み上げてきたので、それはそれで楽しかったのを覚えています。

しかし時間が経つにつれて、日々の業務の多さに体調を崩してしまいました。

やむなく休職する中で、本当にこのままで良いのか迷った私は、自分自身の今後について考えるようになったのです。

公務員の退職を決意した理由

公務員だからこそ得られる安定した給与に満足はしていたものの、私は次第に自分の可能性を広げてみたいという思いに駆られました。

様々な経験をしていきたいと考えた私は、自分だけの道を模索する決意を固めたのです。

特にこのときは20代後半であったこともあり、ワーキングホリデーに強い興味を持っていました。

ワーキングホリデーとは?

  • 18歳から30歳までの方が、特定の国で観光と就労を自由に体験できる。
  • 滞在期間は国によって異なるが、通常1年間。
  • 同一の職場でなら、最大6か月まで就労可能。

人生で一度は海外で働いてみたいと考えた私は、30代を目前に控えていたこともあり、思い切って退職を決断することになります。

公務員を退職後、2年間はワーホリに!

ビザを取得してから退職した私は、ある程度英語の勉強をしてから海外生活を始めました。

この2年間で

  • ニュージーランド
  • オーストラリア

の2か国に滞在。現地でアルバイトをして生計を立てていました。

ワーキングホリデーの期間中は

  • ファーム関係(ブルーベリーの収穫など)
  • 飲食関係(うどん屋やお寿司屋など)
  • 漁業関係(魚の卸売り業者)

といったアルバイトを経験。

海外の方との交流が日常となり、さまざまな背景を持つ人々との出会いが私の視野を広げてくれたのです。

この期間は私にとって成長の機会となりました。

帰国後は講師のアルバイト

帰国後は人と接すること、そして教えることの楽しさを生かすために、講師のアルバイトを開始。

英語や数学を学生たちに教えていきながらも、海外生活の経験をもとにモチベーションを与えることに重点を置きました。

この経験を通して、人の成長に寄り添う仕事の価値を再確認したのを覚えています。

講師から放課後等デイサービスへ

講師の経験を積み重ねながらも正社員雇用を目指していた私は、今までの経験を活かせる仕事を探していました。

転職活動をしていくなかで、偶然見つけたのが放課後等デイサービスの仕事。児童を支援していく仕事に興味が湧いた私は転職を決意し、現在はその道で3年ほど仕事をしています。

公務員から民間へ転職して変わったこと

安定した公務員から転職を決断することは簡単ではありませんが、新たな職場での経験は、自分の成長に大きく貢献すると考えています。

職場環境の違いから

  • 新しいスキルの獲得
  • 仕事に対する考え方の変化
  • 人生に対しての考え方の変化

など、転職を通して得られるものは多くあるのです。

ここでは、公務員から民間企業へ転職した私が、その過程で学んだことや感じた変化を紹介していきます。

さらに民間企業に転職した私が考える、転職のためのコツについても話していきます。

新しいスキルの獲得

転職を通して新たな環境に飛び込むことで、これまでにないスキルや知見を身に付けることが出来ます。

例えば私の場合、色んな職場での経験を通して

  • 全く同じ考えの人がいないと理解できたからこそ、相手の話を最後まで聞けるようになった。
  • 素早く時間内に仕上げないといけないからこそ、早く終わらせるためのコツを人から素直に聞けるようになった。
  • 事務仕事を素早く終えたいからこそ、タスク管理ツールを使いこなせるようになった。
  • 海外で貯金が尽きて死ぬかもしれないと感じたからこそ、貪欲に仕事をするようになった。

といったことを行ってきました。

人は新しい環境に置かれることで、自分の能力を最大限に引きせるようになるのです。

自分の能力を高めることができたら、また更に上の行動に向かっていけるのは、挑戦することの楽しさだと感じています。

仕事に対する考え方の変化

公務員と民間では、仕事の進め方や職場環境に大きな違いがあります。

公務員の仕事は法律や規則に基づいて進められるため、確実性を持ちながら仕事をしなければいけません。

そのため

  • 決められた業務に対しての予算がどれくらいあるのかをチェックする。
  • 自分が行おうとしている業務が、規則から外れていないか?
  • 予算の執行の仕方が果たして正しいのか?
  • 稟議書を回して上司までのチェックを通す。

といった手間を掛ける必要があります。これらの手間をかけながら、大量の業務を行わないといけないのでとても大変ですよね。

一方民間企業では、安全性を担保するための手間をかけるというよりはむしろ

  • お客さんの声にこたえるために最善の選択を行っているか?
  • 時間内に効率良く仕事を終えられるか?
  • PDCAを回して次につなげられているか?

といった過程が強く求められます。

このため、民間では公務員よりも柔軟性やスピード感が重要とされることが多いです。

また、成果に対する評価もかなり厳格。だからこそ公務員とは別の感覚で、人に寄り添いながら仕事をすることが大切になります。

人生に対しての考え方の変化

民間企業に転職していくことで、人生観も変わってきたように感じています。

公務員時代では感じられなかった経験を数多く積むうちに、私は失敗から学ぶ重要性を理解しました。

以前は失敗を恐れ、安全な道を選ぶことばかりをえらんでいました。だからこそ公務員という道を選んだのですが、現在では失敗をしても、それをバネにしてさらに前進することはできるだろうと確信しています。

また収入が安定しなくても、一生懸命に取り組む姿勢があれば、道はいつか開けることも経験しました。

お金は重要な要素ではあるものの、それ以上に大切なのは、どんな困難に直面しても諦めず、前を向いて歩き続けることです。

さらに価値観の違う人たちと仕事を一緒にすることで、私自身もより広い視野を持ち、物事を多角的に見ることができるようになりました。

最後に、安定しない環境に身を置いてきたことで、自分自身に甘えることなく謙虚に物事に取り組めているように感じています。

安定していると、自分を深く顧みずとも生きていけます。これはこれで幸せだったとは思いますが、安定しないからこそ得られた学びもありました。

私の経験は一例に過ぎませんが、民間企業で働く中で得た学びは、人生においてとても貴重な財産となっています。

失敗や困難を恐れず、積極的に挑戦し続けること。そして、様々な人との出会いから新たな価値を見出し、成長していくこと。

これらは、どんな状況下でも自分自身を成長させ、人生を豊かにするための重要な要素であると私は確信しています。

転職を成功させるコツ

公務員から民間企業へ転職することは、正直言うと結構難しいです。私自身も最初に転職活動したときは、何とかなるだろうと考えていたのですが

  • 書類選考の段階で落ちたのは、軽く100社以上
  • 最終選考まで行っても、結局10社以上は落ちている

といった経験をしてきました。

こんな私だからこそ、ここでは公務員から民間企業へ転職するためのコツを簡単に紹介します。

まず一番大切なのは、公務員としての職歴だけに依存しないことです。

もちろん公務員としての経験は大きな価値があります。私自身も公務員の激務を経験したからこそ、民間の業務に耐えられたことはたくさんあります。

しかし、だからといって採用されるかというと、それは全く別の話です。採用担当の方はそこにあまり価値を感じてくれません。

だからこそ転職する際に大事にしてほしいのは

  • 自分自身の中で大事にしている価値観
  • これまで培ってきた能力

これらをハッキリと明確な言葉にすることです。

特に

  • 問題解決能力
  • リーダーシップ
  • コミュニケーションスキル

といった、職種を問わず重宝される能力に焦点を当てることは、公務員に在職していてもできること。

これらの能力が自分にとっての強みである場合、それをいかに具体的な実績としてアピールできるかが転職成功のカギになっていくと考えています。

転職活動は自分自身の強みや価値観を確認する絶好のチャンスです。

実際に私も、転職活動を通じて自分の強みをハッキリさせることができました。

私の場合、もっとも大事にしている価値観は探求心です。探求して自分がレベルアップしていくことに一番の喜びを感じます。

この探求心が強みであると理解しているからこそ、ブロガーとしての活動を飽きることなく取り組むことができていると考えています。

公務員から転職したいと考えている方は、ぜひとも今のうちから自分の強みを明確にしてみてください

地方公務員から民間へ! まとめ

最後に、この記事についてまとめていきます。

地方公務員から民間企業への転職は、私の人生の中でも大きな挑戦であり、数多くの発見がありました。

公務員時代には得られなかった新たな視点やスキルを民間企業で学び、自己成長の機会を得ることができました。

公務員からの転職は決して簡単な道のりではありませんが、十分に計画を立て、自分自身と向き合う時間を持つことで、成功していけると同時に、自分自身を成長させることにつなげられるはずです。

このサイトでは、公務員の方が民間企業へスムーズに転職できるよう、役立つ情報を定期的にアップしていきます。

転職に役立つノウハウを、私自身の経験やリサーチを踏まえて解説していきますので、ぜひともご活用ください。

また良かったら、Xへのフォローもよろしくお願い致します。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA

目次