MENU

【まとめ】元地方公務員が転職準備でやったこと|実体験に基づくアドバイス!

多くの方が、キャリアの可能性を広げるために転職を検討しています。しかし、転職にはさまざまな準備が必要で、不安を感じることも多いです。

私自身、市役所を退職して民間企業に転職しています。地方公務員と民間企業では働き方や組織文化が大きく異なり、戸惑うこともありました。しかし、自分の強みを活かせる企業を見つけ、新たなチャレンジができたことは、かけがえのない経験です。

本記事では、元地方公務員の私が実際に行った転職準備について、具体的なアドバイスをお伝えします。自己分析の進め方や業界研究・企業選びのコツ、履歴書・職務経歴書の書き方まで、転職成功のポイントを丁寧に解説。

転職は人生の大きな岐路ですが、しっかりとした準備と前向きな姿勢があれば、必ず道は拓けます。新たなキャリアステージでの活躍を目指したい方は、ぜひ最後までご覧ください。

キクチレン プロフィール
  • 地方公務員として4年間勤務
  • 副業ブロガー歴2年目
  • 公務員を退職後、2年間海外でアルバイト
  • 帰国後は3年以上教育・福祉関係の仕事に従事
情報を分かりやすくまとめるのが得意です。
目次

自己分析を行う

自己分析を行う際は、次の4つを行うことが大切です。

  • 過去の経験の棚卸し
  • 自分の強みと弱みの洗い出し
  • 価値観の整理
  • キャリアのゴール設定

過去の経験の棚卸し

過去の経験の棚卸しをする際は、自身の強みや価値観を明確にしてください。民間企業のニーズに合致する経験をアピールできるよう準備することが大切です。

担当した業務についての成果を具体的にリストアップすると、強みや弱みを客観的に分析できます。民間企業で活かせる経験を洗い出し、業界に沿って整理することでアピールポイントを見出せます。以下の経験は、業務の経験として強調すべきポイントです。

  • プロジェクトのリーダー経験
  • 新規事業の立ち上げ経験
  • マネジメント経験

上記の経験は、問題解決能力やリーダーシップ、創造性といった民間企業で求められるスキルです。過去の経験を客観的に分析し、自分の強みや価値を正確に把握することが求められます。

自分の強みと弱みの洗い出し

転職を成功させるには、自分自身の強みと弱みを正しく認識することも重要です。地方公務員と民間企業では仕事内容や環境が大きく異なります。自分の能力がどのように活かせるのかを明確にしてください。転職成功のためには、3つのステップを踏むことをおすすめします。

  1. 客観的な自己分析を行い、自分の強みと弱みを洗い出す
  2. 公務員時代に培った能力を棚卸しし、転職先でどう活かせるか考える
  3. 自分の能力とマッチする企業や職種を探す

客観的な自己分析により、転職先で求められるスキルを明確にすることが可能です。

例えば私の場合、市役所の教育委員会で4年間働き、イベント運営やスタッフのマネジメントを経験しました。市役所退所後にさまざまな職を経験する中で、コミュニケーション能力が私の強みであることに気づきました。強みに気づいてからは、スキルを活かせる教育業界への転職を実現しています。

転職を目指す地方公務員の方は、自身の強みと弱みを冷静に分析することから始めてください。地方公務員経験で培った能力を最大限に発揮できる企業を見つけ、転職を成功させていきましょう。

価値観の整理

地方公務員から民間企業へ転職する際は、自身の価値観を見つめ直すことも重要です。なぜなら、地方公務員と民間企業では、以下の点で大きな違いがあるためです。

  • 企業文化
  • 働き方
  • キャリアパス
  • 給与体系

例えば私の場合、市役所での長時間労働によって大きな徒労感を経験しました。結果として、ワークライフバランスを重視できる企業を優先して転職活動を行っています。

反対に高収入を望む人は、実力主義の報酬制度に魅力的に感じる可能性があります。自己分析を通じて現在の価値観を明確にした上で、新たな価値観を築くことが大切です。新たな価値観を基に転職活動の準備を進めることが、スムーズなキャリアチェンジの鍵になります。

キャリアのゴール設定

地方公務員から民間企業へ転職するためには、キャリアゴールを設定することも大切です。自己分析を行い、自分の強みや価値観を理解することから始めてください。身につけたスキルを洗い出し、民間企業で求められる資質を見極めることが重要です。

自分の強みや価値観が明確になったら、理想の職種や業界を明確にしていきます。具体的には、以下の3つを行ってください。

  • 公務員経験を活かせる営業職やコンサルティングなどの職種を検討する
  • キャリアカウンセラーなどの専門家に相談し、自己分析の結果と照らし合わせる
  • 理想の姿を明確にし、そこに向けた具体的な行動計画を立てる

特に40代以上の公務員の場合は、管理職としてのスキルが求められます。年齢を考慮したゴール設定が大切です。管理職経験を活かせる職種や、年齢を理由に敬遠されにくい業界を選んでください。地方公務員から民間企業へ転職する際は、年齢を意識したゴール設定が成功への鍵となります。

なお、自己分析についてもっと知りたい方は、下記のリンクからご覧ください。

【実体験】地方公務員からの転職! 自己分析こそが成功のカギ

※後日更新予定

業界研究と企業選び

転職したい業界が決まったら、次は業界研究と企業選びを行います。業界研究と企業選びについて、次の3つを解説します。

  • 業界トレンドの調査方法
  • 従業員の口コミサイトの活用
  • 給与や福利厚生のチェック

業界トレンドの調査方法

地方公務員から民間企業へ転職する際は、転職先となる業界の最新動向を把握することが大切です。業界動向を事前に理解しておかないと、自分に合った企業を選ぶことが難しくなるからです。転職を検討する場合は、以下の方法で業界トレンドを調査することをおすすめします。

  • 業界紙や専門誌、オンライン記事を活用し、最新情報を継続的に収集する
  • セミナーやイベントに参加し、現役の経営者や有識者と直接話す
  • 業界団体に加入し、会員向けの情報交換の場を活用する
  • 転職希望企業の投資家向け資料から、経営方針や事業戦略を把握する
  • SNSを使って、業界関係者の生の声を集める
  • キャリアコンサルタントなどの専門家に相談し、客観的なアドバイスを仰ぐ
キクチ

私も転職する際は、積極的にキャリアコンサルタントに相談し、客観的なアドバイスをもらっていました。

あらゆる情報を収集・分析すると、理想的な転職先企業を見つけられます。

従業員の口コミサイトの活用

民間企業への転職を検討する際は、従業員の口コミサイトを活用することも大切です。なぜなら、口コミサイトには企業の実情を知る貴重な情報が詰まっているからです。口コミサイトを利用すると、以下の情報を得られます。

  • 企業の雰囲気や働き方、課題
  • 具体的なエピソードや体験談
  • 労働時間や人間関係、やりがいなどの実態

口コミサイトを活用すると、企業のイメージとは異なる実態を知ることができます。ただし、口コミを鵜呑みにするのは危険です。複数のサイトを見比べ、偏った情報に惑わされないよう中立的に評価してください。

給与や福利厚生のチェック

地方公務員から民間企業へ転職する際は、給与と福利厚生について慎重に比較してください。地方公務員と民間企業では、給与体系や福利厚生が大きく異なります。

地方公務員の給与体系は年功序列が基本で、手厚い福利厚生と雇用の安定性があります。一方、民間企業では業績や能力評価に基づく給与体系が一般的です。福利厚生の内容は企業によってさまざまです。給与体系の違いについては、以下の点を確認してください。

  • 基本給と各種手当の内容と金額
  • 昇給制度の有無と内容
  • 賞与の支給回数と金額

福利厚生面では、以下の5つを確認することが大切です。

  • 社会保険の完備状況
  • 休暇の取得条件と日数
  • 退職金制度の有無と計算方法
  • 各種手当や福利厚生施設の利用可否
  • 労働時間管理と残業代支給ルール
キクチ

私が退職してから一番ギャップを感じたのが、福利厚生面です。転職経験者として、福利厚生面の確認を一番に行って欲しいです。

複数社のオファーを比較検討し、慎重に判断してください。なお、業界研究や企業選びについてもっと知りたい方は、下記のリンクからご覧ください。

【失敗しない】地方公務員から転職!業界研究・企業選びのポイント

※後日更新予定

転職活動でのデジタルツールの活用

応募先の企業を探す際は、デジタルツールの使用が欠かせません。デジタルツールの活用について、次の3つを解説します。

  • 転職サイトの選び方と活用法
  • SNSでの情報収集と活用
  • キャリア相談サービスの活用

転職サイトの選び方と活用法

転職を成功させるためには、自分に合った転職サイトを選び効果的に活用することも大切です。転職サイトを活用するメリットは2つあります。

  • 幅広い業界・職種の求人にアクセスできる
  • 応募書類の添削や面接対策などのサポートを受けられる
キクチ

私自身も大手総合転職サイトを活用することで、現在の就職先を見つけて転職に成功しました。

自分に合った転職サイトを見極めて活用することが、転職活動を有利に進める上で大切です。

SNSでの情報収集と活用

SNSを活用すると、情報収集と自己PRを効果的に行えます。SNSを活用すると、多くの企業や転職成功者の情報を得ることが可能です。自分の経歴やスキルを発信すると、企業からのオファーを受ける可能性が高まります。SNSを活用した情報収集と自己PRの具体的な方法は以下の通りです。

  • 転職関連のアカウントをフォローし、ハッシュタグを使って情報検索する
  • ブログやnoteで公務員時代の実績や民間企業で活かせるスキルを紹介する
  • 転職関連の記事にコメントする
  • 企業のイベントに参加する

ただしSNSを利用する際は、地方公務員としての立場を踏まえてください。地方公務員は守秘義務があるため、職務上知り得た情報を安易に発信してはいけません。プライバシーの管理と一貫性のある情報発信を心がけることが大切です。

キャリア相談サービスの活用

転職を成功させるためには、キャリア相談サービスを活用することも有効です。キャリア相談サービスでは、以下のサポートを受けられます。

  • 転職理由の明確化やキャリアプランの策定
  • 公務員としてのスキルの棚卸しや民間企業へのアピールポイントの整理
  • 面接対策や効果的な自己アピール方法の練習
  • 転職市場の最新情報収集や求められるスキルの把握
  • 転職活動中のメンタルサポート

例えばキャリアコンサルタントから、官民の職場環境の違いについてアドバイスを受けられます。適性検査等を活用した自己分析や、志望業界・企業の情報収集にも力を入れることが可能です。民間企業の選考プロセスや年収・労働条件の交渉方法についても、キャリア相談で対策を練られます。

プロのサポートを受けながら準備を進めることも、地方公務員から民間企業への転職成功の鍵となります。なお、仕事に追われて転職活動をする時間がないと感じている方は、下記のリンクをご覧ください。

(内部リンク)【時間管理】地方公務員からの転職活動!仕事をこなしながら転職を成功させるには

※後日更新予定

履歴書・職務経歴書の効果的な作成

転職したい業界や企業が決まったら、いよいよ履歴書と職務経歴書の作成です。履歴書・職務経歴書の作成について、次の3つを解説します。

  • 書類選考を通過するためのポイント
  • 職務経歴書でアピールすべきこと
  • 履歴書で気を付けるべきポイント

書類選考を通過するポイント

書類選考を突破するためには、以下の点に注意して履歴書・職務経歴書を作成してください。

  • 転職理由とキャリアプランを明確にする
  • 公務員としての経験を効果的にアピールする
  • 丁寧な応募書類を作成する
  • 面接の準備を入念に行う

民間企業は、応募者の転職理由や将来のキャリアプランを重視しています。応募書類や面接では、上記の点を明確に伝えていきましょう。

例えば私の場合、転職理由とキャリアプランは以下のように述べました。

転職理由

地方公務員で培ったコミュニケーション力と事務能力を活かし、御社で新たな挑戦をしたいと考えています。将来的には講師の育成に関わりながら、イベント運営で培ったマネジメント力を活かして、教室運営に携わりたいです。

公務員経験のアピール

市役所での業務を通じてさまざまな人たちとの会議を行い、スポーツ婚活という事業を立ち上げました。この経験を活かし、御社の事業拡大に寄与したいと考えています。

書類選考では自分の強みと民間企業のニーズをマッチさせ、熱意を持って伝えることが大切です。

履歴書・職務経歴書のアピールポイント

履歴書・職務経歴書作成では、以下の3つに注意してください。

  • 民間企業で活かせるスキルや経験を、具体的な事例や数字を用いて提示する
  • 地方公務員を辞めて民間企業を目指す明確な理由や志望動機を述べる
  • 公務員経験で得た専門知識や資格、民間企業との接点をアピールする

例えば私の場合、以下の点をアピールしました。

筆者が実際にアピールしたポイント

教員免許の所持

教育委員会での勤務経験

イベント運営において、参加者数を前年比で30%増やすことに成功

参加者の満足度を高めるための取り組みを具体的に説明

イベント運営で培ったコミュニケーション力を活かしたいという思い

キクチ

上記のポイントを明確に伝えることで、転職に成功することができました。

分かりやすい文章で履歴書・職務経歴書を作成することが、転職成功の鍵です。履歴書・職務経歴書の作成について知りたいと思った方は、下記のリンクからご覧ください。

(内部リンク)【実体験】地方公務員から転職を考えるあなたへ|履歴書・職務経歴書のコツについて解説 

※後日更新予定

面接対策

書類選考が通ったら、いよいよ面接です。面接対策について、次の3つを解説します。

  • 面接官に好印象を与える方法
  • オンライン面接のポイント
  • 最終面接の準備と心構え

面接官に好印象を与える方法

面接では、民間企業の価値観に合った人材であることを示すことが大切です。地方公務員と民間企業では、業務内容や組織文化が異なります。地方公務員としての経験をどのように民間企業で活かせるかを具体的に説明してください。

例えば、私の場合は次のようにアピールしました。

筆者が転職時にアピールしたポイント

住民のさまざまなニーズに耳を傾けるなかで、スポーツ婚活の新規事業を立ち上げた

タスク管理を適切に行うことで、民間企業の業務に対応できるようになった

十分な準備と自信を持って臨むことで、転職への第一歩を踏み出せます。

オンライン面接のポイント 

オンライン面接は通常の面接と比べて、コミュニケーションに制約があります。注意を払わないと、人柄や能力を十分にアピールできません。具体的には以下の3点に気を付けてください。

通信環境の確認

事前に通信速度をテストし、安定したインターネット環境を整える

身だしなみと背景

服装はビジネスカジュアルにし、背景は無地の壁などシンプルなものを選ぶ

アイコンタクトとジェスチャー

カメラ目線を心がけ、明るい表情と適度なジェスチャーを交えながら対話する

オンライン面接で成功するためには、事前準備と練習を怠らないことが鍵となります。表情や言葉遣いを工夫して、人柄や能力をアピールしてください。

最終面接の準備と心構え

最終面接で成功するには、入念な準備と強い意欲が必要です。企業研究と自己分析を行い、強みを最大限に活かせることをアピールすることが大切です。最終面接に臨む際は、以下の点に注意してください。

  • 事前に企業の事業内容について十分に調べ、他社と比較検討する
  • 応募先企業の良い点を具体的に説明し、自分の長所がどう活かせるか伝える
  • 自信を持ち、誠実な態度で臨む
キクチ

私自身も教育業界へ転職する際は、上記の点に注意して最終選考に臨みました。他社との比較から応募先企業の魅力を語り、自分の強みが活きる点を伝えることで、内定をもらいました。

最終面接の成功は、事前準備と当日の心構えの両方が揃って初めて達成できます。自信持って臨み、魅力的な人材であることを印象付けることが大切です。

なお、仕事に追われて面接対策が十分にできないと感じている方は、下記の記事をご覧ください。

(内部リンク)【実体験】地方公務員のための転職面接練習|少ない時間でも効果的に練習するコツ!

※後日更新予定

転職の意思を伝えるタイミングと方法

転職すると決心した場合、転職の意思を職場に伝えなければいけません。転職の意思を伝えるタイミングと方法について、次の3つを解説します。

  • 転職の意思を伝えるベストなタイミング
  • 上司に転職の意思を伝える場合
  • 同僚に転職の意思を伝える場合

転職の意思を伝えるベストなタイミング

地方公務員が転職を考える際、適切なタイミングで転職の意思を伝えることが大切です。具体的には以下の点を考慮する必要があります。

退職金の受給

勤続年数が長いほど有利になるため、ボーナス後に転職活動を始める

次の採用時期

多くの自治体では年度末(3月)または9月に採用を実施するため、採用時期に合わせて準備する

周囲への配慮も忘れずに行動することが求められます。具体的には、以下の3つに注意してください。

  • 業務に支障をきたさないよう配慮する
  • 退職の1か月前までに辞意を伝える
  • 十分な引き継ぎ期間を確保する
キクチ

私の場合は、年度末に退職を考えていました。しかし、8月時点で事前に総務課に連絡するようアナウンスがあったため、8月時点で退職の意思を伝えています。

急な退職は職場に大きな負担をかけてしまいます。法的な規定として退職の1か月前までに転職の意思を伝えてください。転職は人生の大きな岐路です。退職金や採用時期、法的規定などから、適切なタイミングで転職の意思を伝えてください。

上司に転職の意思を伝える場合

上司に転職の意思を伝える際は、適切なタイミングを選び、丁寧に直接伝えることが重要です。上司との信頼関係を損なわないためには、誠実な対応が求められます。具体的には以下の点に注意してください。

  • 繁忙期や人事異動直後は避ける
  • 事前にアポイントメントを取り、上司が話を聞く準備ができるようにする
  • 上司に対して、口頭で伝える
キクチ

私の場合、事前に上司に2人でお話したいとアポイントを取っていました。話し合いの場所もセッティングし、海外で仕事の経験を積みたいという前向きな退職理由を伝えています。

適切なタイミングと方法で上司に転職の意思を伝えることで、円滑な退職に繋げられます。

同僚に転職の意思を伝える場合

転職する際、同僚への伝え方には注意が必要です。なぜなら、急な退職は部署の業務に支障をきたすからです。例えば、以下のような問題が発生する可能性があります。

  • 上司に退職の意思を伝えずに同僚に話してしまうと、信頼関係に影響を与える
  • 欠員補充や業務の引き継ぎが適切に行われないと、残された同僚の業務負担が増大する

転職する際は、最初に上司に退職の意思を伝えてください。上司に報告したうえで、部署の状況を考慮して適切なタイミングで伝えることが大切です。同僚には早めに伝えて引き継ぎの準備を進め、退職後の計画も明確に伝えてください。

転職は個人の権利ですが、地方公務員という立場の責任を忘れてはいけません。円滑な引き継ぎと情報管理に努めることが求められます。なお、転職の意思を伝えるのに戸惑いを感じている方は、下記の記事をご覧ください。

(内部リンク)【後悔しない】地方公務員、転職意思を伝える前に|準備すべき3つのこと

※後日更新予定

まとめ

地方公務員から民間企業への転職は、自己分析によるキャリアゴールの設定から始まります。転職したい業界の動向を調査し、給与や福利厚生も慎重に比較検討することが大切です。転職サイトやSNS、キャリア相談サービスを効果的に活用し、情報収集や行ってください。

履歴書・職務経歴書では、スキルや経験を具体的に提示し、志望動機を伝えることが求められます。面接では自信を持って、民間企業の価値観に合った人材であることをアピールしてください。

転職の意思は採用時期を考慮し、上司には事前に丁寧に伝えることが大切です。民間企業への転職は、入念な準備と努力が必要ですが、自分のキャリアを切り拓くチャンスです。新たなステージでの活躍を目指して、一歩一歩着実に進んでいきましょう。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA

目次