MENU

【まとめ】地方公務員の転職悩みと解決法|転職成功のために考えるべき5つのこと

  • 安定を手放して転職して、本当に大丈夫なのか…?
  • 公務員をずっとやった後で、民間で通用するのかな…

地方公務員からの転職は、多くの場合難しい挑戦となります。安定した仕事を離れて新たなキャリアを追い求めるのは、不安が多く募るでしょう。

そこで!

この記事では、私自身の経験も踏まえながら、転職市場の現状や転職するために必要なことについてまとめました。

キクチレン プロフィール
  • 地方公務員として4年間勤務
  • 副業ブロガー歴2年目
  • 公務員を退職後、2年間海外でアルバイト
  • 帰国後は3年以上教育・福祉関係の仕事に従事
情報を分かりやすくまとめるのが得意です。

この記事では、次の5つについて話していきます。

  • 民間企業に転職するメリット・デメリット
  • 転職先の選び方
  • 転職活動をするときに準備すべきこと
  • 必要な面接対策
  • モチベーションの保ち方

不安と向き合いながらも、公務員から転職してみたいと考えている方は、ぜひ最後までご覧ください。

目次

地方公務員の転職市場の現状 3つのポイント

地方公務員の転職市場は近年、多様化してきました。安定しているとされる公務員ですが、民間企業への転職を考える人も少なくありません。

ここでは、次の3点について話していきます。

  • 地方公務員が転職を考える理由
  • 地方公務員のスキルや経験が民間企業で通用するのか
  • 地方公務員から民間企業に転職することのメリット・デメリット

地方公務員が転職を考える4つの理由

地方公務員が転職を希望する背景には、様々な理由があります。具体例をあげると、次の4つが主な理由です。

  • 今後のキャリアに不安を感じるから。
  • 裁量を持ちながら働きたいから。
  • 新しい事に挑戦したいから。
  • 仕事を楽しめなくなったから。

これは私自身も感じていたことなので、気持ちはよく分かります。

地方公務員として勤務すると、どうしてもやらなければいけないことに追われてしまうため、結果として民間への転職に気持ちが傾いてしまいがちです。

地方公務員のスキルや経験が民間企業で通用するのか

地方公務員として培ってきた経験は民間企業でも通用すると、私は考えています。

なぜなら公務員として働いてきた場合、次のことを行っているからです。

  • 住民からの問い合わせやクレーム対応
  • プロジェクトを推進するための関係企業等との打ち合わせ
  • 自分だけで解決できない場合の、上司への報連相
  • 同僚とのコミュニケーション

これらは民間企業でも活きてくるスキルであるため、自身の強みを明確にアピールすることができます。

地方公務員から民間企業に転職する4つのメリット

民間企業へ転職すると、主に4つのメリットが得られます。

民間企業に転職する 4つのメリット

  • 年齢よりも実績で評価してもらえる
  • 収入アップを狙える
  • 労働環境の改善される
  • キャリアの選択肢が増える

私自身、何度も転職を重ねて色んな職場を見てきましたが、やはり実績主義の会社が多かったです。

年功序列という概念が民間企業では薄れており、その分実績で自分が評価される傾向にあると考えて差し支えありません。

自分のやりたいことが決まっており、スキルアップしたいと考えている場合は、民間企業に転職するのは良い選択だといえます。

地方公務員から民間企業へ転職した場合の、3つのデメリット

民間企業に転職する際には、当然デメリットもあります。考えられるデメリットは、次の3つです。

民間企業に転職した際の、3つのデメリット

  • 安定性が低くなる。
  • 待遇が悪くなる可能性がある。
  • プレッシャーがかかりやすくなる。

これらのデメリットは、私自身も感じています。特に地方公務員だからこそ受けられていた待遇面は、悪くなるのは覚悟しておくべきです。

3つのデメリットを受け入れてもなお、民間に転職するべきかは冷静に考えておく必要はあります。

なお、地方公務員から民間企業にどうしても転職したいと考えている方のために、転職で失敗しないために必要なことについてまとめました。

民間企業への転職に意欲がある方は、下記の記事をご覧ください。

【現実】地方公務員から民間への転職|失敗しないために必要なこと

地方公務員から民間企業へ 転職先の選び方 4つのポイント

地方公務員から民間企業へ転職するときは、どの企業に転職するかを明確にしていくことが重要です。

転職先を選ぶにあたって大切となるポイントは、4つあります。

  • 自己分析を行う
  • 自己分析で分かったことから、希望職種を明確にする
  • 業界研究を行ってみる
  • さらに細かく企業研究を行う

ここでは、上記4つのポイントについて詳しく話していきます。

自己分析を行う

転職を成功させるためには、自己分析が重要です。自分自身のことを深く理解し、それを転職活動に活かすことで、理想の職種や企業とのマッチングを高めることができます。

ここでは、転職のために行うべき自己分析を5ステップに分けて紹介します。

STEP
「転職して実現したいこと」を明確にする

転職を考える際に最初に行うべきは、なぜ転職をしたいのか、そして転職して何を実現したいのかを明確にすることです。

単に今の仕事に対する不満を列挙するのではなく、将来の自分の姿や目指したいキャリアを具体的にイメージして下さい。

STEP
自分の性格について分析する

次に、自分の性格や仕事に対する考え方を分析します。分析する際は、次の3点に注目すると効果的です。

  • モチベーションが上がっていると感じる瞬間
  • 自分が苦手としていること
  • 判断する際に取りがちな思考パターン

自分の性格を知ることで、どのような環境やチームで自分自身を発揮できるのかを見極められます。

STEP
自分のキャリアとスキルの棚卸をする

これまでのキャリアとスキルを振り返り、自分自身の得意分野や成功・失敗体験を整理して下さい。

具体的なエピソードを振り返ることで、次の2点が明確になります。

  • 今後伸ばしていくべきスキル
  • 修正すべき悪いクセ
STEP
プライベートでの興味・関心についても振り返る

プライベートでの興味・関心からも自己分析すると、意外な発見があります。これまで趣味やプライベートで培ってきた知識やスキルが、考えつかなかった形で仕事に活かせる可能性があるからです。

自分が楽しんでいることや、自然と時間を費やしてしまうことから、転職のヒントを得ることができるかもしれません。

STEP
自分の強みを見つけ、言語化する

最後に自分の強みを正確に言語化します。自分の強みや特徴を一言で表現し、それを支える具体的なエピソードを交えながら、どのような成果や学びがあったかをまとめてみて下さい。

面接時などに自己PRとして伝えることができるようになります。

自己分析から希望職種を考えてみる

転職活動を始めるにあたり、多くの人にとって課題となるのが「自分がどの職種に向いているか」を知ることです。

自己分析をきちんと行うと次の3点が明確になり、希望職種が見えてきます。

  • 自分の好きなこと
  • 得意なこと
  • 苦手なこと

たとえば人と話すことが好きなら、営業や接客に向いている可能性が大きくなります。また、緻密な作業が得意である場合は、エンジニアリングやデータ分析が向いている可能性が出てきます。

自己分析をしたうえで、さらに適職診断を利用してみると、意外な職務適性が見つかることもあるはずです。

自分が楽しいと感じること、避けたいと感じることをリストアップしていき、自分に合った職種を見つけていきましょう。

業界を選ぶ

民間企業へ転職する場合、どのような業界を選ぶかもきちんと考えていきましょう。業界研究を行うときは、次の2点を行っていくのがオススメです。

  • 『会社四季報』などで、業界トップ企業の売上高や利益率などをチェックする。
  • 企業のIRページやメディアの記事などで、中長期戦略や新たな取り組みを確認する。

こういった業界研究を行っておくことだけでも、業界全体の状況がつかめてきます。

企業を選定する

転職を成功させるためには、応募先の企業をしっかりと分析することも重要です。企業研究を行うことで、自分の価値観にマッチしているかや、理想の仕事を実現できるのかが見えてきます。

企業を選ぶ際には、次の2つを調べるのが効果的です。

  • 公式ホームページやプレスリリース
  • 新卒採用ページ

まずは公式ホームページやプレスリリースで下調べ

企業分析の第一歩は、応募先の公式ホームページをじっくりと読み込むことです。ホームページには、次の3つが記載されています。

  • 企業の沿革
  • 経営方針
  • 企業理念

社長の挨拶や社員の声からは、会社の雰囲気や働く人たちの様子を知ることができるヒントが満載です。

企業のプレスリリースをチェックすると、次の4点が明確に分かります。

  • 最新の事業展開
  • サービス内容
  • 企業が目指している方向性
  • 経営戦略

新卒採用ページも覗いてみる

公式ホームページ内に新卒採用のページが設けられている場合、中途採用者であってもその内容をチェックすることをオススメします。

なぜなら新卒採用ページには、次の2点を明確に伝えているからです。

  • 企業が新たな人材に伝えたいメッセージ
  • 企業が求めている価値観や人物像

これらの情報から、企業の文化や方針を理解していくことが可能です。

なお、後悔しないための転職先についてさらに知りたい方は、下記のリンクからご覧ください。

公務員の強みを活かせる民間企業の転職先について徹底解説!

転職活動で必要な準備

転職を成功のためには、事前準備も重要です。ここでは、次の3点について話していきます。

  • 履歴書や職務経歴書の書き方
  • 職務経験のアピールの仕方
  • 働きながらでも行える、市場価値を高めるためスキルの磨き方

自己分析をもとに、履歴書と職務経歴書を作成する

自己分析で明確になった強みを、履歴書や職務経歴書で前面的に書いていきましょう。履歴書では、学歴や職歴や保有資格だけでなく、応募職種に対する熱意や適性をアピールしていきます。

一方で職務経歴書においては、次の4点を明確にして下さい。

  • 地方公務員での職務経験の詳細
  • 業務で得られた成果
  • 仕事上で培ったスキル
  • 自己PR

自己PRでは、自己分析によって明らかにした自分の長所や成果を活かし、どのようにして応募先企業に貢献できるのかを具体的に記述することが大切です。

職務経験をアピールしていく

地方公務員から民間企業へ転職する場合は、今までの職務経験をどのようにアピールするかが重要なポイントです。

自治体によって扱う業務内容や責任範囲は大きく異なりますが、地方公務員として培ったスキルや経験は、民間企業でも役立つ可能性はあります。

特に次の4点は、民間企業でも重宝されるスキルとなります。

  • 行政手続きや市民とのコミュニケーション能力
  • 業務遂行を効率化するために行ってきたこと
  • ルールを守りながら公正に判断してきたこと
  • クレームへの対処スキル
キクチ

余談ですが、私自身も公務員として取り組んだマラソン大会運営の成果を、職務経歴書でアピールしてきました。

職務経験を効果的にアピールすることで、転職を有利に進めていきましょう。

地方公務員として働きながら、市場価値のあるスキルを磨く

地方公務員から民間企業へ転職する場合、日ごろからスキルを磨いていくことも大切となります。特に地方公務員として働きながらも磨くことができるスキルは、次の4つです。

  • 論理的思考力:業務での問題解決や企画立案に役立つため。
  • 段取り力:効率的に業務を遂行し、会社のプロジェクトを成功させやすくなるため。
  • 文書作成能力:自分の考えを分かりやすく説明し、企画案を通しやすくするため。
  • コミュニケーション能力:職場内外で円滑なコミュニケーションを図り、調整や交渉を上手く進められるため。

これらのスキルを意識的に磨いておくことでも、転職時にアピールすることができます。

これらのスキルは、実際の業務で積極的に行ってみたり、ビジネス書を読んで学んでみたりすることで習得可能です。

スキルをしっかりと磨き、自己PRにつなげていきましょう。

なお、地方公務員から転職する際に必要な準備について知りたくなった方は、下記の記事をご覧ください。

【まとめ】元地方公務員が転職準備でやったこと|実体験に基づくアドバイス!

転職に必要な、4つの面接対策

民間企業へ転職をする場合は、面接対策もしっかりと行っていく必要があります。公務員と民間企業では職場の文化や求められる能力が異なるため、その点を理解しておくことが重要です。

ここでは、次の4点について話していきます。

  • 面接の種類とその対策
  • 地方公務員から民間企業に転職する際に、覚悟しておくべき質問
  • 面接時の注意点
  • 面接時の身だしなみ

面接の種類とその対策

面接にはいくつか種類がありますが、代表的なのは次の3つです。

  • 人事職員による一次面接
  • 幹部職員による最終面接
  • ウェブを使ったオンライン面接

実際の面接ではあなたの経歴や性格を深く知ろうと、多くの質問がされます。

オンライン面接はウェブカメラを通じて行われるため、面接がきちんと行えるかの事前準備や、背景が乱雑になっていないかも確認してください。

キクチ

私の経験則ですが、一次面接はよほどのことがない限り通過できます。

「一次面接受かったから、最終面接でも受かるだろ!」と油断していると、私のように10社以上落ちてしまうので気をつけてください。

覚悟すべき質問「なんで地方公務員から民間へ?」

地方公務員から民間企業へ転職をするときによく聞かれる質問が、「なんで公務員から民間企業に転職したいのですか?」というもの。

この質問に対しては、私も含めて多くの人が答えるのに躊躇をおぼえるはず。地方公務員から民間企業へキャリアを変える理由を、ポジティブかつ明確に伝える必要があります。

面接官は、なぜこの質問をするか                       

面接官はこの質問を通じて、次の3つを知ろうとしています。

  • あなたの人物像
  • あなたが大切にしている価値観
  • 将来のビジョン

公務員から民間企業へと転職する場合、ほとんどが未経験の分野への挑戦となります。このため面接官も、あなたの過去の選択や経験を通じて、実際に採用した場合のパフォーマンスを予想する必要があるのです。

どう答えたらよいか

転職理由を話す際は、公務員として培った経験やスキル、学びを前向きに生かしたいという意欲を示すことが大切です。

例えば、「公務員として得た経験を活かして、もっと広い範囲で社会貢献をしたい」、「新しい環境でさらなる成長を遂げたい」といったことは1つの回答例となります。

民間企業での働き方が自分に合っていると感じたエピソードを語ることができれば、面接官にインパクトを与えられます。

面接で聞かれやすい その他の質問

当然ですが面接では、その他にも多くのことを聞かれます。私自身の経験を思い返してみても、下記の質問は必ずされてきました。

  • 「自己紹介をお願いします。」:あなたの人柄やコミュニケーション能力、そして情報を簡潔にまとめて伝える能力を試されています。
  • 「なぜ弊社に応募されたのですか?」:企業が持つ強みや魅力と、あなたのスキルがどれだけリンクしているかを尋ねられています。
  • 「最後に、何か弊社に対して質問はありますか?」:あなたの熱意が本当にあるのか、最後の最後で確認を行っています。

これらの質問はもはやテンプレ。質問に素早くこたえられるように、事前に準備をしておきましょう。

面接時の注意点

面接時の言動一つで、あなたの印象が大きく左右されます。来社から退社まで全て見られていると思いながら、面接に臨んでいきましょう。

訪問~受付までのマナー

面接開始の10分前には到着することが基本ですが、遅れそうな時は必ず連絡を入れます。身だしなみをチェックし、携帯電話は電源をOFFにするなど、基本的なマナーを心がけることが重要です。

受付では、はっきりとした言葉で自分の用件を伝え、待合場所では静かにして待機しましょう。

入室時のマナー

面接の際、入室するときのマナーは特に注意が必要です。まず、ドアをノックしてから、面接官の返事があった後に「失礼します」と言って入室します。

ドアは静かに閉め、明るい声で挨拶をしましょう。面接官の指示があるまで席に着かず、カバンは椅子の横に置きます。これらの一連の動作からも、礼儀正しさや自信の有無が確認されています。

面接に向かう際の身だしなみ

服装に関してはフォーマルスーツを基本とし、清潔感を最も大切にして下さい。男性はスーツに清潔なワイシャツ、女性はパンツスーツやスカートスーツが無難です。

靴も清潔感を重視して選んで下さい。髪型も、男女共に清潔感が求められます。長髪の場合はきちんとまとめ、全体のバランスを考えたスタイリングを心がけるのが大切です。

なお、面接対策についての詳細が気になった方は、下記の記事からご覧ください。

【体験談】地方公務員からの転職!面接成功の秘訣について話します

※後日に更新予定です。

転職活動中での自信の保ち方 3つのポイント 

転職活動をしている間、自信を持ち続けることは難しいですが大切です。ここでは、次の3つについて話していきます。

  • ストレスの管理方法
  • モチベーションの保ち方
  • 失敗の受け入れ方

ストレス管理を適切に行う

転職活動は何かとストレスがかかります。ストレスをきちんと管理することも、転職成功には欠かせません。

ストレス管理を行う際は、次の3ステップを踏んでみて下さい。

STEP
自分に合ったストレス対処法を探す

自分自身をよく知り、ストレスを感じたときにどのように対処するかを理解することが大切です。代表的なストレス対処法は次の3つになります。

  • 趣味に没頭する
  • 運動する
  • 瞑想や深呼吸を行う

これらの方法を一度試して、自分にあったストレス管理方法を探して下さい。

STEP
無理のないスケジュールを組む

毎日仕事をしたあとで、疲れたまま転職活動をしてしまうと焦ってしまいます。しかし、無理は禁物です。

毎日の業務と転職活動のバランスを取り、無理のないスケジュールを組むことは、想像以上に大切なことです。

キクチ

あなたが焦っている気持ちは、確実に採用側に伝わってしまうので要注意ですよ

STEP
周りのサポートを受けながら、気持ちを共有する

転職活動を一人で行っていると、寂しさや辛さで心が折れてしまいがちです。だからこそ、周囲のサポートを得ることもストレス管理には欠かせません。

信頼できる友人や家族、またはキャリアアドバイザーと話し、転職活動を一緒に行える体制を作っておくのが大切です。

モチベーションの維持

転職活動が思い通りにいくことはあまりなく、長期戦になることは覚悟しないといけません。途中で自信を失ったり、目的意識が薄れたりしてしまう瞬間は何度でも起こります。

しかし、そんな時こそモチベーションを保つための方法を知っておくことは、転職成功に向けて大きな支えとなります。

転職活動のモチベーションを維持するための方法としては、次の3つがオススメ。

  • 自分自身の価値を再認識する。
  • 転職に成功した後の明るい未来を具体的にイメージする。
  • 集中してスキルアップに励む。

モチベーションが下がったと感じたときは、ぜひとも自分自身と改めて向き合ってみて下さい。

失敗を受け入れる

転職活動を成功させることは決して簡単なことではありません。特に面接が上手くいかなかったときは、自信をなくしてしまいます。

しかし失敗を受け入れて自分を見直していくことは、転職を成功させるために絶対に必要なことです。

次の3ステップを踏んで、失敗を積極的に受け入れていきましょう。

STEP
失敗は成功のピースであると捉える

まず、失敗は成功するために欠かせないピースであると考えましょう。失敗は私たちにとって重要な学びの機会であり、次のチャンスに向けて自分を成長させるきっかけとなります。

特に面接の失敗は、自分の弱点や改善すべき点を明確にし、次に活かせるヒントが盛りだくさんです。

STEP
失敗した原因を明確にする

次に冷静に自己分析を行い、失敗の原因を明確にして下さい。

自分が言いたいことを上手く伝えられなかった理由は何だったのか、不安で落ち着かずにどのような質問に対処できなかったのかなど、具体的に振り返ることが重要です。

この分析を通じて、次の面接でより良いパフォーマンスを発揮するための準備を整えることができます。

STEP
お世話になっているキャリアアドバイザーや信頼している人に相談する

失敗の原因が見えてきたら、キャリアアドバイザーや信頼できる人にフィードバックを求めてみましょう。他者の視点から得られるアドバイスは、自らの視野を広げる助けとなり、新たなアプローチや対策を見つけるきっかけになるはずです。

失敗するのは怖いかもしれませんが、絶対に必要なことなので、落ち着いて受け入れていきましょう。

転職活動をしていて自信を無くすのが怖いと感じた方は、下記の記事をご覧ください。

【大丈夫】公務員から転職したいけど自信が持てない?|今すぐ変えるべき考え方

※後日に更新予定です。

転職成功のために必要なこと まとめ

地方公務員から民間企業への転職は、計画的に進めることで成功の可能性を高められます。まずは自己分析を通じて、自身の希望や適性を明確にします。

その上で、次の3つのことを重点的に行って下さい。

  • 自分に合った業界や企業を選ぶ。
  • 履歴書や職務経歴書を作成する。
  • 自分の強みをアピールできるように面接対策をする。

転職活動中は適切にストレス管理を行うことも大切です。モチベーションを維持しながらも失敗を受け入れ、前向きにチャレンジすることを繰り返して下さい。

このサイトでは、公務員の方が民間企業へスムーズに転職できるよう、役立つ情報を定期的にアップしていきます。

転職に役立つノウハウを、私自身の経験やリサーチを踏まえて解説していきますので、ぜひともご活用ください。良かったら、Xへのフォローもよろしくお願い致します。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA

目次